企業情報About us

沿革

1997年創業から現在に至るまで
テスミックの歴史のご紹介です。

沿革

年月 資本金 内容
1997年2月 1,000万円 株式会社テスミック設立
代表取締役、竹平豊氏(現代表取締役の父)にて携帯電話用検査装置の開発販売
1998年4月 4,000万円 社員寮取得
[土地:192m2/建物:170m2](設備投資4,200万)
旧雇用促進事業団の融資で、中国より技術者を8名集め、
新たな検査システム(T-EXCEL)の開発を始める
1999年9月 12,000万円 現本社取得(名古屋市守山区天子田4丁目601番地)
[土地:1,342m2/建物:799m2](設備投資2億)
代表取締役に竹平勝一氏(長男)就任。竹平豊は取締役会長となる。
2001年8月 48,180万円 ベンチャーキャピタル数社からの出資によりEMS事業開始
検査装置ユーザーも増え(約200社)となった為、EMS事業への展開がスタート
EMS事業本部取得(名古屋市守山区天子田4丁目701番地)
土地:564m2/建物:687m2
鉛フリーラインを設備した(設備投資3億)
2005年9月 静岡工場開設(EMS事業拡大の為)
大手家電メーカーの仕事量増大の為、静岡市葵区に工場開設(設備投資2億)
2012年5月 新潟工場取得(EMS事業拡大の為)
[土地:5,077m2/建物:2,243m2]
EMS名古屋本社工場、静岡工場の仕事量が増えた為、
人材獲得の利点により新潟県柏崎市に工場を取得。(設備投資2.5億)
2015年5月 愛知県名古屋市を起点に、プリント基板用検査装置をベースに
EMS事業展開をはかり、国内5拠点・3工場が稼働し、売上高32億を達成
2016年5月 売上高 34億7531万を達成
三期連続増収増益となる。
2016年10月 本社1FをEMSディスクリート部品実装工場に変更。(設備投資1億)

ページトップへ